Loading

BLOG

「売れる」と「売りたい」を考える

20141218_1

★私に求められるものづくり。

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20141218_1

 
先日の阪急出店後の在庫が戻ってきました。

私としては、そこそこの売れ行き。

 
 
実店舗外でも、フェイスブックやリアルで

「アレがほしい!」のお声もあり、ありがたいことです。

 
 
商品を販売するものとして

「売りたい」

を優先させると、もっと在庫が戻ってきたんだと思う。

 
「売れる」

を考えることはやっぱり大切。

 
とはいえ、クリエイトする者として

「売れる」に固執するのは違う。

 
 
 
自身が作るものが「作品」として「人の目にふれる」ことが幸せなのか。

「商品」として沢山の売上を産むことが幸せなのか。

 
 
「商品」に囚われると

自分が作っている意味が薄れてきますね。

「作品」に囚われるのも自己満足に終わりかねない。

 
 
 
私に求められるものづくり。

これを「知る」ことがきっと大切。

 
 
 
そして、求められることの一歩先行くクリエイト。

そこが物を作り、販売を続ける上のポイントではないでしょうか。

「やると決めてやるだけです」

勉強会にでて、そして何をするか?

関連記事

  1. 企業・団体様からもレッスン依頼がつづく理由

    2016.05.06
  2. 家が基盤であること

    2014.09.04
  3. 恐れてはいけない

    2014.09.29
  4. 「決める」ことは「自分を信じる」こと

    2015.11.25
  5. 自分への誤認

    2015.06.25
  6. 不満を言うのは簡単。でも?

    2016.06.29
PAGE TOP