Loading

BLOG

良質記事を書く。意識していますか?

20160311_2

★良質記事を書くために

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。

20160311_2

ブログ記事を「良質なもの」にすることを考えて書いていますか?

想いを綴る=ただの日記 です。

あなたがビジネスブログを書いているとしたら、1つ1つが「良質なブログ記事」であるべきです。

ブログ記事を良質な記事にするためにやるべき3ステップをお伝えしていきます。

 
 

良質なブログ記事って何ですか?

ステップに入っていく前に、「良質なブログ記事」って何でしょうか?

ズバリ、「誰かの役に立つ記事」です。

ビジネスブログは1つ1つが「誰かの役に立つこと」が書かれているべきなのです。

 
 
ネット上で検索している人は「何か」について困って調べています。

SNS上でも人は何かしら「情報」を得ようとしています。

その「困っていること」を解決してあげたり、「情報」を与えてあげる記事が「良質な記事」と言えます。

 
 

ステップ1:キーワードを決める

どんな記事にするかを考えたとき、まずは「なるべく沢山の人が検索をしているキーワードを探す」ところからスタートします。

 
GoogleAdwordsキーワードプランナーをつかえば

  • 月間何人が
  • どんなキーワードで

検索をかけているか?がわかります。

 
ビジネスブログであれば、大枠の「ブログ全体のテーマ(自分の商品)」があると思うので、それを元にキーワードを掘り下げていく感じです。

 
例えば、私がレッスンをしている「グルーデコ」

20160311_3

 

キーワードプランナーで調べると、このような感じでデータがでてきます。

赤ライン部分を見ると、「グルーデコ」と検索されている回数が、月間で平均して「8100回」ということがわかります。

赤枠部分で、グルーデコというキーワードに関連して、よく調べられているキーワードが検索回数が多い順番に出てきます。

検索回数が多い=沢山の人が知りたい情報ということですね。

 
 
ブログのテーマが「グルーデコサロン」だとしたら

  • グルーデコとは?
  • グルーデコ材料について
  • グルーデコの作り方手順

などをキーワードとして記事作成していくべきだということが、大体わかりました。

 
 

ステップ2:ライバルの記事を確認する

キーワードを決めたら、次はその内容についてライバルはどんな記事を書いているかをチェックします。

 
今回は「グルーデコ材料について」でライバル記事を確認します。

20160311_4

上から5つぐらい記事をざっとチェックし

  • どんな内容がかかれているか?

について確認します。

 
自分にとっての専門分野について書くので、幾つか記事を読めば「読者がもとめていること」が見えてくるはずです。

 
 

ステップ3:記事構成を考えてブログ記事を書く

ここからは、ステップ2までで調べた「キーワード」と「読者が求める内容」をベースにして

記事構成を考えます。

構成を考える際、私の場合はまず「見出し」を決めています。

見出しの流れが決まると、各見出しの中身がかなり書きやすくなるのでお勧めです。

 
 

覚えれば練習していくだけ

今回のこの記事もこの手順に沿って書いています。

キーワードを決め、ライバル記事を確認し、構成を考え書きだしていく。

「そんなの無理・・・」と思う人も多いはず。私もいまだにこの方法だと時間がかかります。

だけど、ビジネスブログを書いているとしたら、記事製作に時間がかかるのは当然。

だって、仕事ですからね。

やたらと更新回数を増やすより、「良質記事を1つ1つ丁寧に書いていくこと」に注力する。

これが、自分メディアの強化に繋がり、必ずビジネスを強くしていきます。

女性向けビジネスであれば共感を呼ぶ「考えを伝える記事」も必要ですが、そればかりに偏らず「スキルを伝える記事」も必要です。

勉強会ではキーワードプランナーを実際に使って
参加者さんにとって最適なキーワードも一緒にチェックします。

個人サロンもHPが当たり前に

Ameba Owndは本当に仕事用にして安心か?

関連記事

  1. 「重い」「重い」になってません?

    2014.11.25
  2. 「自分のこと」書いていますか?<読まれるブログ>

    2014.05.23
  3. Facebook「フォロー」にみるオープンマインド

    2014.11.26
  4. 「自分も商品である」ということ

    2014.06.18
  5. サロンのこと、ヒトリで抱えていませんか?

    2014.05.30
  6. アクセス解析をするべき3つの理由

    2016.02.26
PAGE TOP