Loading

BLOG

楽にブログ更新をするためのテーマ4選

20160629_3

★「ブログって何を書けばいい?」にもう悩まない

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。

20160629_3

サロンを広く知ってもらうために「ブログを書く」ことは必須なのですが
書く内容について悩まれる方が多いのも事実。

「なんとなく書いているけれど、実際どんな記事がいいの?」
「どんな内容なら読んで貰えるの?」
「そんなに毎日書くことない・・・」

なんて声を良く聞くので、私が実際に行ってきた方法を。

 
自宅サロンの仕事のことを書かないと!
と思ってませんか?

 
もちろんレッスンや講座記事も大事なのですが
それだけではダメなんです。

 
お客様(生徒さん)は女性という方が多いと思うのですが
女性は共感をして集まってくれるという性質があります。
(反して男性は理論に反応して集まる)

 
だから、「あなた自身のこと」も発信し
共感してもらう記事を書く必要がある。

 
 
「あ、この先生も小さいお子さんがいるのに
   こんな風に自宅で仕事をされてるんだ!」
→ 共感と憧れを抱く

 
「こういうテイストのファッション、私も好みだから
  この先生なら、同じ完成の作品ができるかも!」
→ 作品デザインへの共感

 
 
これは一例ですが、自分自身に置き換えても覚えがありませんか?

 
20160627_1

以下は共感を織り交ぜながら、ブログ記事を更新していくためのヒントになる
「楽にブログ更新をするためのテーマ4選」です。

1:仕事記事
 もちろんお仕事ブログなのでこれは必須。
レッスンや講座の内容を記載した記事。

2:自分の生活
 毎日の自分の生活を感じさせる記事。
出かけた店や、コーディネートなども見せることで
「このテイストが好き」に繋がりやすい。
趣味などもここに含まれる。

3:内面を記したもの
 日々考えてることを記事にしていく。
内面性がわかる内容を発信することで、オープンな印象を読者は受ける。
私ならブログテーマの「LOVE」についてや「ビジネスマインド」」などが
内面を記した記事になります。

4:お役立ち系
 自分の専門から役立つ情報を提供する。
その他、過去の経験からでも「誰かの役に立ちそう」なことを記事にする。
出かけたお店のレポなどもOKなので、簡単なことで大丈夫です。
本で学んだこと、講座で学んだことを自分なりにまとめるのも可。
(その際の出典は明らかに)

 
如何でしょう?1ばかりに囚われていませんでしたか?
2や3は「あなたらしさ」を知る一因になるので共感がUPします。

 
読者に共感してもらい、ファンになってもらう。
ブログを仕事に繋げるファーストステップです。

 
ブログ=日記
これを忘れずに、「もっと気楽に」あなたの日常をUPしていきましょう。

【ご感想】気軽な気持ちで、まずはコンサルを体験してみる

大きく一歩踏み出す時に必要なこと

関連記事

  1. 「自分も商品である」ということ

    2014.06.18
  2. 良質記事を書く。意識していますか?

    2016.03.11
  3. 「読まれるブログ」にするためには?

    2016.07.05
  4. アクセス解析をするべき3つの理由

    2016.02.26
  5. 「自分のこと」書いていますか?<読まれるブログ>

    2014.05.23
  6. ブログの第一印象は気にしていますか?

    2014.11.17
PAGE TOP