Loading

BLOG

家が基盤であること

20140904_1

★おうちが大切

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20140904_1

 
女性が個人でビジネスをしていると
往々にしてぶち当たる問題があります。

「家庭との両立」

家事、育児、夫、子供・・・。
その色々と仕事のバランスを保つことはなかなか難しかったりします。

 
 
会社員とちがって、明確な就業時間も休日もないですからね。
気になることがあれば、ついついパソコン前にいたり、携帯を触っていたりと

「仕事時間」の線引きが難しいのです。

 
 
 
先日も、既婚の女性起業家が集まる場で
そんな話がでていました。

「旦那さんに携帯触り過ぎだと怒られました。」

仕事のメールだったり、ブログを書いたりFacebookの投稿をしたり・・・
と、ついついやってしまいがちです。

中にはお子さんから
「ママ、携帯おいといて!」と言われたなんて方も。

 
 
既婚女性が仕事をするにおいて大切なのは
「家庭が基盤である自覚」を持つことだと思います。

逆にいえば、家庭の中がグラついていると、自分のビジネスにも影響します。

 
 
特に私は、仕事以外の「家のこと」「子供のこと」で悩んでいると
ほんっと仕事に集中できなくなります。

無駄過ぎるほど考えるせいでもありますが
一人で黙々と仕事をしていても、いつも胃のあたりが痛む・・・横になりたい。みたいな。

 
 
家庭があるから仕事ができる。
旦那さんや子供が笑顔だから、がんばれる。
一番大切なものは家である。

そういう想いを忘れてしまうとイケないんですよね。

 
 
仕事時間、一旦振り返ってみて
「きちんと線引き」をしてましょ。

SNSを活用できているか?

「○○じゃないといけない」という感情

関連記事

  1. 地味なくしては成立しない

    2015.06.05
  2. 「ただこなす」のは仕事ではない

    2014.11.17
  3. 収入に繋がる方法を

    2015.04.20
  4. 仕事における「余白」のはなし

    2014.12.07
  5. サラリーマン時代との違い

    2015.02.18
  6. だめな日も受け入れる

    2015.03.31
PAGE TOP