Loading

BLOG

仕事における「余白」のはなし

20141207_1

★引き立てるための「余白」

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20141207_1

 
ヘッダーデザインでも、ポーセラーツでも

私の「デザイン」において重要視している「余白」

 
 
限られた範囲のなかにデザインを施すわけですが

びっしり詰め込み過ぎないように気をつけています。

 
 
適度な余白が魅せたい部分を際立たせ

デザイン全体を引き立てる役割を果たす。

 
 
 
これは建築設計を専攻していた学生時代に学んだこと。

 
 
 
余白を持たせるって

慣れてないとすごく気になるようで

ポーセラーツの生徒さんなら

「ここ、なにか貼ったほうがいいですか?」

ヘッダー依頼のお客さまなら

「ここの白いところに、この写真をいれたいです」

という言葉がかえってくることが多いです。

 
 
その際、私は「デザイン上の適度な余白」についてお話させてもらっています。

 
 
 
仕事においても「余白」って必要です。

例えば、相手に投げかけたことを「考えてもらうため」の余白。

自分の考えだけで埋め尽くさないために。

 
 
「微調整」が可能な可動域といえば解り易いでしょうか。

 
 
びっしり埋めてしまうと、臨機応変な動き、対応ができなくなってしまう。

そのための「余白」

心にも必要です。

私は「避けている」Facebookの告知投稿について

「どうありたいか」×「どう見られているか」

関連記事

  1. 視野をひろく捉える

    2015.10.24
  2. 自分の芯があれば大丈夫

    2015.08.26
  3. 個人サロンもHPが当たり前に

    2016.03.10
  4. 家が基盤であること

    2014.09.04
  5. 迷った時の3ステップ

    2016.02.18
  6. 「焦り」は必要?

    2014.12.14
PAGE TOP