Loading

BLOG

サラリーマン時代との違い

20150218_1

★成果が見える

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20150218_1

 
新卒後、すぐに入社したのは某ハウスメーカーでした。

そこでは、「営業設計」として仕事をしてきたのですが

「営業」とつくだけあって売上が求められる世界。

 
 
毎月、ノルマがあり(とはいっても根性系の厳しいものではなかったけど)

ノルマに向かって、契約をとってくる。

そんな世界。

 
 
もちろん、設計業務もするので

提案力も必要。

 
 
元々、デザイン系出身だったので

「あ~やだな~」と思いながら、営業業務もやってたかな。

と言いつつも今から思えば

「売る」ことは嫌いではなかった。

ただ、「ノルマ」が嫌いだったのです。

 
 
課せられること。が苦手なのかも。

しかも、それをクリアしたところで大きな結果として

自分に返ってくるわけでもなく。

多少賞与に変動があるぐらい?

 

「なんのために頑張ってるんやろ~」

って感じでした。

 
20150218_2

 
今も、「売上」のことはもちろん考えます。

月も中盤になると、来月のことを考えだして

来月に向けての準備をする。

 
 
サラリーマン時代と考えてることは大きな違いはないけれど

「やったら自分にちゃんとかえってくる」

のは、目に見えて今のほうが大きい。

 
 
やるべきことを、やるべき方向で動けば成果は出るし

成果はきちんと自分に返ってくる。

しっかり肌に感じられる成果が。

 
 
もちろん、やらなければその分のリターンもきちんと自分に返ってくる。

全ては「自分次第」

自分に幾らでも甘えることは可能だから、手を抜く事も簡単です。

その結果は目に見えているけれど。

 
 
「自分がやったこと」が結果になって見えやすい。

そして、その速度が速い。

これが、サラリーマン時代との大きな差かな。と感じます。

自分のサービスに自信をもつこと

与えられるものは限られています

関連記事

  1. 与えられるものは限られています

    2015.02.22
  2. オーラが輝く人

    2015.12.02
  3. ブログを自分の資産として考える

    2016.02.08
  4. 成功のカタチを知る

    2015.09.25
  5. 何処で誰と繋がっていくか

    2015.10.16
  6. あと3カ月

    2014.09.30
PAGE TOP