Loading

BLOG

「思った人生を歩む」方法

20150223_1

★10年先

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20150223_1

 
「先」をみていますか?

たとえば10年先。

自分のリアルな状況の変化から、自分の姿を想像すること。ができているか?

 
 
 
女性は男性より

「環境による変化が大きい」です。

 
 
結婚でも、出産でも、離婚だって。

どの場面でも、女性のほうが状況は大きく変わりやすい。

 
 
 
ある程度予測できる変化もあります。

子供の成長だって、10年経つと大きくかわる。

手のかかり具合や場面の変化は0歳と10歳では劇的に違うはず。

ということは、「自分の時間」の変化も大きいですよね。

 
 
 
「今はまだ子供に手がかかるから」

「幼稚園にはいったら」

「小学校になればきっと」

と、先延ばしにしていることはありませんか?

 
 
これって「今」しか見えてないんじゃないかと感じるんです。

10年後、確実に子供にかかる時間は減るし(体力的に)

その時になって、スタートをきっても、助走してきた人には後れをとっている。

 
20150223_2

 
「今」にばかり目をむけず

「その先」をみること。

そして、心や行動を準備すること。

それが「思った人生を歩む」に繋がります。

【ご感想】「素直にやることって大事だね」

「全員賛同」は絶対にない

関連記事

  1. あなたの「売り」は何なのか?

    2014.08.19
  2. やるか。やらないか。ではなく。

    2015.05.21
  3. 「どうありたいか」×「どう見られているか」

    2014.12.09
  4. 自分の世界観を出し続ける

    2015.11.16
  5. 人は集まっているところに、集まる

    2015.03.07
  6. サラリーマン時代との違い

    2015.02.18
PAGE TOP