Loading

BLOG

「埋もれて」はいけません

20150831_1

★自分らしさを知っていますか?

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20150831_1

 
私、昔から目立つ存在だったと思います。

 
それはもう小学校のときから。

5年生時、1つ上の6年生女子に囲まれ難癖言われたっけ。

理由は「目立つからむかつく」

 
中学でも、高校でも似たような経験があり

社会人になる頃には「目立つ」を活用して

上手く生きていました。

重役陣に覚えてもらったり。とか。

 
子供ができてからは「ママ友」というワールドに。

そこでも何かしら目立ち続け

「幼稚園」や「学校」に場を移しても

「私は相手を知らなくても、相手は私を知っている」経験が立て続けに発生します。

 

20150831_2

「目立つ」というと、なんだかネガティブな言葉に聞こえますか?

 
言い方を変えてみると

「覚えてもらえる」ともとれるんですよ。

 
「覚えてもらえる」これはビジネスでは有益に働きます。

 
同じようなサービスを仕事にしている人は沢山いる。

その中で「埋もれない」自分になること。

 
何も派手にしたりする必要はなくて

話がうまかったり、聞き手として素晴らしかったり、素敵な立ち居振る舞いだったり

「自分らしさを上手く出す」これに尽きるのです。

 
 
それには、自分らしさを知る必要があります。

 
 
自分の自分らしい姿。知っていますか?

自分の芯があれば大丈夫

至って普通の人なのです

関連記事

  1. 至って普通の人なのです

    2015.09.08
  2. 立ち位置の違い

    2015.11.24
  3. 世界を広げること

    2015.12.07
  4. 自分の枠を決めないこと

    2014.12.11
  5. 持っているもの

    2015.09.20
  6. 自分に出来ることは何か?

    2015.11.29
PAGE TOP