Loading

BLOG

自分が選ぶ道

20151005_1

★知っているということ

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20151005_1

自分の前に一本の道しかないと思い進むことと
幾つもの道があると知っている中で、選択した一本の道を進むこと。

この2つは大きく異なる。

 
 
学生時代の私は
自分の前には一本の道しかないと思っていた。

世間的にはそれなりの大学を卒業し
皆と同じように就職活動をし
企業で勤める自分。
そのうち結婚をして、子供を産み
それなりに幸せな主婦としての自分。

 
 
他の選択肢など考えもよらなかったし
これが当たり前で普通だと思い、進んできた。
周りも似たような感じだったから
「普通の波」の中にいることで、安心していたのだと思う。

 
20151005_2

だけど、本当はもっと多様な選択肢があった。

 
 
当時は他の道を見ようともしなかったし
たとえ別の道を知ったとしても、「普通」から逸脱するようで不安になり
そちらを選ぶことなど決してしなかったはず。

 
20151005_3

今ならわかる。

 
道は1つではない。

 
幾つも選択肢はあり、他の道の存在を知っているからこそ
「自分が選ぶ道」の意味をより理解でき、ひたすらに進めることを。

 
時代の流れの速度は加速する一方。
「どんな流れにも対応できる自分」であるためには
知っておくことはかなり重要だと感じます。

今は情報を簡単に得ることができるようになったし
知る手法はいくらでもあるから、自分から情報をキャッチしにいく

 
そして、道は途中からでも選ぶことができる。
選択しなおすことだって可能なのです。
情報を得た上で軌道修正することが出来る。

 
20151005_4

選ぶ基準は「自分が幸せかどうか」

 
「普通」や「正しさ」に答えはない。
だって、どちらも時代で左右されるものだから。

 
「幸せ」は自分の中にある最高の価値基準であることを知ると
物事の選択がぐっと簡単になるはず。

成功のカタチを知る

持っているエネルギーを使う

関連記事

  1. 現状を変えたいなら「動く」こと

    2016.05.12
  2. 傍観者になるか、そこへ辿り着くか

    2015.08.04
  3. 迷った時の3ステップ

    2016.02.18
  4. 「どうありたいか」×「どう見られているか」

    2014.12.09
  5. 「向き合う」ということ

    2014.09.21
  6. 「全員賛同」は絶対にない

    2015.02.25
PAGE TOP