Loading

BLOG

苦しい気持ち

20151120_1

★苦しさの理由

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

20151120_1

先日、とある女性が
「今、仕事をしていても苦しくて」

と。

 
 
彼女はきっと「好き」を仕事にしていて

私からはそれが上手く行ってるように見えていたんだけど。

 
けど、今の彼女は「苦しい」みたい。

 
 
苦しいのは

「ある地点を目指してやっているけど、そこになかなか辿り着けない」

「本来の仕事以外の部分で、人間関係に疲れている」

などが女性の場合は多い。

 
 
前者は収入面での苦しさ。

後者はメンタル面での苦しさ。

 
 
彼女が一体どちらなのかは聞いていないけど

おそらく、彼女自身も「何が苦しいのか、しんどいのか」

が解っていないんじゃないかな。

 
 
時には自分を掘り下げる必要があると思う。

・なぜ仕事をしているのか

・なぜその職種なのか

・収入が欲しいのか、理念のためなのか

・収入はいくら必要なのか、なぜその金額なのか

・理念はどこから生まれたのか、広める意義はなにか

と、ざっと書くだけでも掘り下げることはいっぱいあります。

 
既婚だったり、子供がいると更にもっとたくさん。

 
 
時には自分の心にしっかりと問うことも大切。

本当に求めていることを知る。理由を知る。

 
 
明確なことがわかると

「苦しい」はかなり楽になるはず。

自分の世界観を出し続ける

情熱は燃やすために使うのではなく

関連記事

  1. 私のベースにあるもの?

    2015.05.26
  2. サロン講師の「出し惜しみ問題」について

    2016.03.31
  3. あなたが輝く場所

    2015.01.05
  4. 「満たされて」いますか?

    2015.06.03
  5. 与えられるものは限られています

    2015.02.22
  6. 価格のことで思うこと。

    2014.12.25
PAGE TOP