Loading

BLOG

立ち位置の違い

20151124_1

★「相手にとって」の時間

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木理恵です。

 
20151124_1

今の仕事は生徒様向けのレッスンがメインです。

私のところにいらっしゃる生徒様は

「これを仕事にしたい」と思って来てくれる方がほとんどなので

技術をお伝えするだけではなく、今後お仕事にどうつなげていくべきか。

そんなことも交えながらお伝えさせて貰います。

 
 
技術を得るだけでは

仕事にはならないのが現実。

「来てもらう」「選んでもらう」

そこから始めて”仕事”としてのスタートになるのだから。

 
 
技術を伝えるだけが私の仕事ではない。

そう思っています。

 
 
20151124_2

でもその時

私の中で注意していることが1つ。

 
 
目の前の生徒様の現状を考えて伝える。ということ。

「この方法が合うかどうか?」

「こういうやり方が現状できるのか?」

「仕事と家事(育児)の割合は?」

「本当に今やるべきか?」

 
手法は沢山あるし、やればやるほど、

時間をかければかけるほど、出来ることやその効果は感じるかもしれない。

 
だけど、本当にそんなことができる状態か?

時間的制約は?

そういうことって、千差万別だから。

「もっとできる。もっとやればいい。やらないのはダメ」

みたいなモノの伝え方は絶対に出来ない。

 
20151124_3

目の前の方にとって本当に大切なことは。

相手の立ち位置をしる。自分との違いも知る。

 
「コレとコレ。やらないアナタはダメ」

なんてことは絶対にないから。

出来る方法、出来ることを一緒に考える講師でありたいと思う。

情熱は燃やすために使うのではなく

「決める」ことは「自分を信じる」こと

関連記事

  1. イマイチ上手くいってないと感じる理由

    2016.03.12
  2. 企業・団体様からもレッスン依頼がつづく理由

    2016.05.06
  3. 至って普通の人なのです

    2015.09.08
  4. 自分だけが提供できる「ベネフィット」

    2015.07.07
  5. 自分の芯があれば大丈夫

    2015.08.26
  6. 詰め込み過ぎない余裕

    2015.04.14
PAGE TOP