menu
search

Blog
by Rie Takagi

ビジネスマインド

2016/05/22

「それって幸せ?」と聞く習慣

ビジネスマインド

★無理をせずがんばる

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。

20160522_1

先日、自宅サロンでの教室をスタートされたばかりの方とお話したときのこと。

「まだまだこれからどう動けばいいかわからなくて・・・」と、迷いが沢山ある様子。

いつも私が「これからスタート」「スタートしたばかり」の方にお伝えすることがあります。

それは「自分が幸せかどうか?を気持に聞いた方がいいよ」ってところ。

 

焦って疲れてない?

自宅サロン、自宅教室。
規模は小さいとはいえ「起業は起業」です。

起業して講座やセミナー、勉強会などでいわれることって沢山ありますよね。

ブログ、Facebook、リアル・・・などなどと
自分の仕事を広めるために使うツール、手段は数々。

毎日更新、投稿。
段々と「何を書けばいいかわからない→できないことに焦る」という負のスパイラルへ
なんて話を良く聞きます。

最初は不安なので色々なところで色々な情報を得て「しまう」ってことがよくあるけれど
多量の情報のせいで、結果何もできなくなる。焦ってきて疲れる。

それって本当に望んでいたことでしょうか?

 


自分の幸せを基準にする

情報過多のせいで、どれから手をつけていいかわからなくて停止しちゃってる方。

リラックスして自分の胸に手を当てて考えてみて欲しい。
「本当にそれって私の幸せ?」
ってこと。

隣の芝生をみて、その青々しさに不安と焦りを抱くことはわかるけれど
そのせいで、なんだか負の方向へ心が傾くなら本末転倒。

「言われたからやる」という強い想いも、仕事なら時に大切だけど
そもそも、何でその仕事のスタイルを選んだのか?
から一端立ち戻って考えて欲しいなと思うのです。

「幸せを選ぶとこのスタイルになった」
が、自宅サロンオーナーには多いと思うけれど
現状が不安と焦りだらけなら、どこかが間違っているはず。

 

20160522_2

無理をせずにがんばることが大切

無理をすることと
がんばることは
絶対にちがうことだと私は思う。

無理をしている状態なら、何かが合っていない。
間違っているんじゃなくて、おそらく「合っていない」

もちろん仕事なので、がんばることは続けなければならないけれど。

幸せの基準は自分の中にしかないから
「これって幸せかな?」
と心に問う時間は常に持つべきだと感じる。

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

安定収入を目指す自宅サロン集客講座・コンサルティング