menu
search

Blog
by Rie Takagi

ビジネスマインド

2016/05/06

企業・団体様からもレッスン依頼がつづく理由

ビジネスマインド

★信頼を得る

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。

20160506_1

連休中ですね。

我が家も前半・後半ともに沢山遊びに出かけてきました。

子供たちも大人も満喫した休日。

そんな休みの際中も、サロンへのレッスン問い合わせは頂いています。

私のサロンは個人の生徒さんにとどまらず、

企業・団体の担当者さんからもご連絡が多いのです。

自宅サロンで個人経営なのになぜか?そんなことに触れてみたいと思います。

 

ネットの発信で「信頼」を得る

サロンをはじめて間もないころから、教育機関などの団体や企業担当者さんから
レッスンの依頼をいただいていました。

なぜか?といえば、「信頼を得られるブログだったから」です。

お教室系講師のブログって、ふわ~っとした作りが多いんです。
このふわっとした感じでは、仕事的要素が薄くなってしまい
企業などからみると「主婦の遊び」に見えがちです。

  • 問い合わせ先が明記されていない
  • プロフィールを書いていない
  • 顔出ししていない
  • レッスン内容が不透明

この中で当てはまるものがあるなら修正した方がいいです。

企業にとどまらず、いまは個人の生徒さんでも「しっかり比較」されています。
上記のようなところが抜けていると、信頼につながりにくい。

ネット上の信頼が構築しにくい環境の中で
少しでも自分のことを開示し、連絡しやすい状態に整えておくと
安心して問い合わせも出来ますよね。

そして、無料ブログだけよりもサーバーやドメインを取得したHPがあるという所も
信頼を得る1つになっています。

 

実績を積み公開する

レッスンオファーがあれば必ず
その経緯や開催実績を記事にしておくことをお勧めします。

私が過去に教育関係者の方からレッスンオファーをいただいた際は
「高木さんは大人数のレッスンにも対応できるとブログで拝見したので」
と仰っていました。

それまでに開催してきた大規模レッスンや百貨店でのレッスンの記事を
読んでいただいてのことです。

個人の生徒さんにとどまらない活動をしているということを
実績として公開しておくことも大切です。

実績がまだ無い場合は
「○○名まで対応できます」
「出張レッスン可能です」
などの記載だけでも大丈夫です。私も最初はそこからスタートでした。

 

一番大切なのは心構え

そして一番大事なことは、相手の方が団体や企業の担当者さんであっても
「仕事として対応できる」という自分の心構えです。

こちらは個人のいちサロン講師。
相手は企業の方。
だからといって、不安にならず対応をすること。

問い合わせをいただいた時点で「自分は選んでいただいた」という
自身と自覚をもって進むことです。

こういった実績で自身もサロンも大きく成長していきます。

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

安定収入を目指す自宅サロン集客講座・コンサルティング