menu
search

Blog
by Rie Takagi

自宅サロン集客必読

2018/02/28

絶対やるべき”競合分析”の方法

自宅サロン集客必読

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。
サロンのブログ集客を学びたい方は↓↓↓のボタンから無料講座で学んでくださいね。

 ↓↓↓今すぐ無料で学べます↓↓↓

 

 

2月も明日でおわり。
はやい。
1月はゆっくり。
2月は怒涛のごとく働き
3月上旬までその余波が続きそうです。
3月下旬は久々に海外に出るので、それまでは「働き」ます。笑

 

何事もメリハリですね。

 

今日は前回記事にした

【必読】競合分析していますか?の続きです。

 

毎月、沢山のサロンオーナーさんと
お話ししてますが
「競合分析」している方って、ほぼいません。

 

だから。だからこそ。
「やったら一歩抜け出せる」んですね。

 

競合分析って幾つかありますが
今日はその1つを。
根気は必要ですが、簡単です。

 

**********

あなたのビジネスキーワードで検索して
上位に出るサイトから順番に

20件のサイトのヘッダーを
写メして保存!

**********

 

例えば、あなたが東京のピアノ教室の先生なら
「ピアノ教室 東京」でgoogle検索。

 

上位から順番にサイトをチェックしてください。
この際、大手などの教室は除きます。

 

HPだったり、アメブロだったりと
様々だと思います。
全てのサイトの一番上にあるヘッダーデザイン部分を
写メで残してください。

 

アメブロの場合はヘッダーデザインが出ないので
パソコンからのチェックをお勧めします。

 

ビジネスとしてしっかり運営している人であれば
ヘッダー部分で
*サロンのイメージ
*キャッチコピー
がしっかり表現されています。

 

これを20件、保存していくことで
競合が誰向けにどんなイメージで運営しているか?
が見えてきます。

 

実は、私はこういった競合調査を50件やりました。
全て画像データを残して後で見返します。

 

ぼーっと眺めているだけでも
競合が誰に何をやっているのか。が見えてきます。

 

そもそもそんなことを
やっているサロン自体がすくないですから。

 

根気は必要です。
でも、簡単なのでぜひやってみてくださいね。

 

↓↓↓ クリック、3秒で登録 ↓↓↓
★ 今すぐ無料で登録 ★

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

安定収入を目指す自宅サロン集客講座・コンサルティング