menu
search

Blog
by Rie Takagi

ビジネスマインド

2017/02/03

守破離がベース、何事も基礎となる土台が大切

ビジネスマインド

自宅サロンでもプチ高単価レッスンを可能にする高木梨恵です。

 

守破離
という言葉を知っていますか?

 

守破離とは
日本での茶道、武道、芸術等における
学びの段階を現した言葉です。

 

守:師の教えを守り、型、技を忠実に守り
確実に身につける段階。

破:「守」から得た基本の型をベースに
他の師の教えについても学び
良いものを取り入れ、発展させる段階。

離:それまでの守、破から
独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

 

日本の古典で受け継がれている言葉ですが
ビジネスを成功させることにも
共通するなと感じます。

 

まずは「基本の型」を教えてもらって実践する。
そこに勝手な解釈や我流を加えない。
=守

基本の型を脳と体が覚えたら
新しい考えや知識を取り入れる
=破

基本の型をベースに
新しく得た知識、自身の経験を織り交ぜ
オリジナルの新しい「型」を構築する
=離

 

こうやって改めて書いてみると
「守」ができない人が多いのです。

逆に言えば「守」が出来る人は
破も離もこなせる人がほとんど。

 

基本の型にどうしても
勝手な解釈を織り交ぜ
「自分なりのやりかた」に
なってしまうんですね。

 

いきなり「破」から入るイメージです。

 

「破」は「守」があってこそ。
何事も基礎となる土台が大切。

グラグラしない土台を
しっかり構築し
そのうえに「自分のビジネス」を
築いていくことが
仕事の発展への近道です。

**********

「プチ高単価の自宅サロン講座 グループコンサル
2月22日 10時半~ 大阪 残2
2月24日 11時~ 東京 残2

 

↓↓↓ クリック、3秒で登録 ↓↓↓
★ 今すぐ無料で登録 ★

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

安定収入を目指す自宅サロン集客講座・コンサルティング